この部門では、様々な毒によって引き起こされる病気や症状についての治療に関して述べられています。毒とは、生きているものと生きていないもの両方をさしています。生き物による毒とは、へび、蜘蛛、鼠、犬、蚊、昆虫など毒性のある生物にかまれた場合を含みます。また、生きていないものによる毒は、鉛、水銀、ヒ素や、トリカブト、ベラドンナなどのある種のハーブによる毒などを摂取してしまった場合を含みます。

この部門では、特定の毒に対する解毒剤や、毒素を体の外にだす様々な方法が述べられています。
また、毒の影響から出ている症状に対して、多くのハーブや、ハーブを組み合わせたものを内服や外用として使用する事をアドバイスしています。

アーユルヴェーダでは、正しいやり方で、適量処方された場合、ある種の毒物は薬としてもちいられます。鉛、水銀、銅、硫化塩、ヒ素、様々な金属、また、ルビー、ダイヤモンド、パールなどの高価な石も、広範囲にわたって使用されます。この部門では、様々な毒物の致死量に関する記載もあります。つまり、ヴィシャ・タントラ(毒物学)では、これら毒物に関するあらゆる詳細が扱われています。