ベー

朝起きたら舌をチェックしよう 冬の間は、外が寒いので、体は毛穴を閉じて熱を逃がさないようにするため、しっかり食べて燃料を補うことが大事です。 ただし、燃料を溜め込みすぎては停滞してしまうので、体を適度に動かして燃焼させることも大事です。 さて、自分の燃料と消化の火のバランスがとれているかどうかを一番簡単に見る方法は朝1番に舌をチェックすることです。 健康的な舌は血色がよくキレイなカタチをしています。 もし、次のような舌の状態だったら要注意!

白っぽい

代謝ダウンしています。 ストレスや疲れがたまっていませんか? 夜遅い食事、食べ過ぎ、ジャンクフード、アルコール、睡眠不足は体のエネルギーを浪費します。 消化にいいものをとり、十分な休息をとりましょう。 難しければ、食前にしょうがをとる、白湯を飲むなどして消化力をUPしましょう。

歯形がつく

舌がむくんでいます。 体の水はけが悪くなっています。 夕食が遅い、アルコールの摂りすぎ、食べすぎ、冷えはありませんか? 湯船に汗ばむくらいつかる、ウォーキングをするなどして水はけをよくしましょう。 舌が分厚くなっていない、薄い状態で歯形がついている、頸が凝るという場合は噛みしめの可能性もあります。 頭のオイルマッサージや、呼吸法・瞑想で頭をやすめましょう。

舌苔がある。ベタベタする。

食べ過ぎ、暴飲暴食はありませんか? 消化不良があるサインです。 動物性のもの、乳製品、スィーツは消化不良を起こしやすいので控えます。 また夕食を抜く、週末は果物だけで過ごすなどプチ断食をするなど消化力をリセットする必要があります。

舌裏黒い

ストレスをかなりたまています。 複式呼吸やストレッチをしてリフレッシュしましょう。

下苔テカテカ

冷え症ではありませんか? 足浴する、お風呂上りに湯煎したオリーブオイルをすり込むなど、末端を温めましょう。

舌のチェックが終わったら舌のお掃除をしよう

舌のチェックをして消化の状態を把握したら、舌の表面を専用のクリーナーでお掃除しましょう!舌苔はアーユルヴェーダでいうところのアーマ(毒素)です。寝ている間に毒素が舌表面に上がってくると考えられています。舌を磨いてオイルうがいをすることで、味覚が研ぎ澄まされ、食事に対して正しい知性が働くようにします。 おススメはアマルマアーユルヴェーダさんの銅製のタングスクレーパー♪一生ものです。

オイルうがいの仕方はこちらをチェックしてください。