アーユルヴェーダのセラピストになるためにはどうしたらいいですか?

という質問をよくいただきます。

アーユルヴェーダには2つの大きな目的があります。

1つは病気の治療、そしてもう1つは質の高い健康の維持です。

インドやスリランカでは、それぞれの目的に応じて前者は医療としてアーユルヴェーダ医師が担当し、後者はスパなどでアーユルヴェーダのトリートメントを学んだセラピストが実施しているケースが多いです。またそのMIXのような施設もあります。

日本ではアーユルヴェーダは代替補完医療の1つとして位置づけられていますが、アロマテラピーや中医学ほど認知されていません。

最近では、インドやスリランカのアーユルヴェーダ医師と連携して、日本で”質の高い健康を維持する”という目的のアーユルヴェーダを教えるスクールが増えてき ました。

とはいうものの日本ではアーユルヴェーダは国家資格ではありませんので、各スクールの卒業資格を取得したからといって、就職して収入を得るという道はまだほどんどありません。

現在活躍している人は、セラピストとして個人的にサロンを開業しているケースがほとんどです。

アーユルヴェーダセラピストとして必要な知識・技術としては、

アーユルヴェーダの理論を理解し、カウンセリングにいかせること

顧客を満足させられるボディワークの技術と、アーユルヴェーダのトリートメントの知識&技術があること

だと思います。

アーユルヴェーダセラピストを目指したいみなさんは、是非参考にしてください。