スロータス

物質をあるからか箇所から別の個所に移動させるもの(チャラカ・サンヒター)

全身や体内の構造に滲出し、にじみだし、ろ過し、浸透していくもの

全身にある孔のような構造物で上のような働きをするものをスロータスとよびます。

五大元素から成り立ち、特に空(アカーシャ)が中心。目に見えるものと見えないものを含む体内チャンネルで、ドーシャ、ダートゥ、マラ、食べたもの、アハララサ、体液、神経インパルス、知覚器官の対象などを体内で移動させる役割を担っています。

スロータスの種類

チャラカ仙による

プラーナヴァハ 呼吸器系

プラーナの運搬を担っています。

自然の欲求に逆らうこと、空腹時の過剰な運動や肉体労働、免疫力の低下がこのスロータスの乱れの原因となります。

治療

胸部のマッサージ、利尿作用のあるハーブの摂取、断食、生姜の摂取など呼吸器系疾患に用いられる療法。

アンナヴァハ 栄養系

食べ物や飲み物の運搬を担っています。胃腸消化管もこのスロータスのひとつです。

消化力の低下、食べ過ぎ、季節や体質を無視した食事などがこのスロータスの乱れの原因となります。

治療

胸部のマッサージ、利尿作用のあるハーブの摂取、断食、生姜の摂取など呼吸器系疾患に用いられる療法。

ウダカヴァハ 水系

血漿やリンパなど体液の運搬を担っています。

アルコールの飲みすぎ、熱や太陽へのあたりすぎ、消化不良、油分が少ない乾燥した食品の過剰摂取、のどの渇きすぎなどがこのスロータスの乱れの原因となります。

治療

胸部のマッサージ、利尿作用のあるハーブの摂取、断食、生姜の摂取など呼吸器系疾患に用いられる療法。

ダートゥヴァハスロータス 7つ

ラサヴァハ 体液

ラサ・ダートゥの栄養素の運搬を担っています。

消化しにくい食品、冷たい飲み物や食べ物、脂っこい食べ物は、このスロータスの乱れの原因となります。 また、心配事はストレスもこのスロータスの乱れの原因となります。

ラクタヴァハ 血液

ラクタ・ダートゥへの栄養素の運搬を担っています。

辛いもの、スパイシーなもの、すっぱいものの過剰摂取は、このスロータスの乱れの原因となります。

お茶やコーヒー、アルコールの飲みすぎ、熱や太陽への当たりすぎもこのスロータスの乱れの原因となります。

治療

瀉血

マーンサヴァハ 筋肉

マーンサ・ダートゥへの栄養素の運搬を担っています。

揚げ物の食べ過ぎ、昼寝、食後すぐに寝る、油脂、肉の過剰摂取などがこのスロータスの乱れの原因となります。

治療

外科手術、灸

メードーヴァハ 脂肪

メーダ・ダートゥの栄養素の運搬を担っています。

運動不足、脂っこい食品の摂りすぎ、昼寝、アルコールののみすぎなどがこのスロータスの乱れの原因となります。

治療

過剰な脂肪をそぎ落とすエマシエーションセラピー(痩せさせる療法)

アスティヴァハ 骨

アスティ・ダートゥへの栄養素の運搬を担っています。

運動のしすぎ、ヴァータを増やしやすい食品の食べ過ぎがこのスロータスの乱れの原因となります。

マッジャヴァハ 神経、骨髄

マッジャ・ダートゥの栄養素の運搬を担っています。

骨髄の損傷、骨髄の圧迫などがこのスロータスの乱れの原因となります。

治療

毒素排泄療法、発汗法、苦味の摂取、定期的な運動

シュクラヴァハ 精液

シュクラ・ダートゥへの栄養素の運搬を担っています。

精子も卵子もシュクラ・ダートゥの一部であり、生殖や精子、卵子に関係した体内チャンネルはすべてこのスロータスに分類されます。

過剰な性交渉、不適切な時間の性行為、性欲を無理に抑えること、生殖器の外科手術などがこのスロータスの乱れの原因となります。

マラヴァハスロータス 3つ

ムートラヴァハ 尿

尿の運搬を担っています。

尿意をもよおしながらの性行為、排尿の我慢、ピッタを増やしやすい食品や飲み物の過剰摂取などがこのスロータスの乱れの原因となります。

治療

断食、過剰なドーシャの排泄

プリシャヴァハ 便

便の運搬を担っています。

ジャタラアグニが弱いために食べたものが完全に消化されないまま次の食事をすること、便秘、排便の我慢などがこのスロータスの乱れの原因となります。

治療

断食、過剰なドーシャの排泄

スヴェーダヴァハ 汗

汗の運搬を担っています。

過剰な運動、暑さと冷たさに交互にあたること、過剰な熱への当たりすぎ、怒り、悲しみ、心配事、ストレス、恐怖心などがこのスロータスの乱れの原因となります。

治療

断食、過剰なドーシャの排泄

スシュルタ仙による他のスロータス

アタルヴァヴァハ 卵子

マノーヴァハ 心

スタンニャヴァハ 母乳

スロータスの働き

体内のすべての要素はそれぞれに住むスロータスが決まっていてそこで働く

全ての要素の生成と劣化はスロータスの中でおきる

体組織のすべての要素の運搬はスロータスでなされる

スロータスのサイズ

丸形、幅広、大きいもの、小さいもの、微細なもの、長いもの、網目状のものなど様々です。胃腸消化管、リンパ管、尿道、生殖器などの大型チャンネルもスロータスなら、毛細血管などの細いチャンネルもスロータスです。小さすぎて目に見えない管もあります。

スロータスの異常 スロートドュシュティ sroto dushti

スロータスの機能が損なわれている状態。

過剰な分泌 アティプラブルッティ

スロータスを流れる体液や物質の量の増加

例 下痢、月経過多

流れの詰まり、障害

毒素や老廃物によって流れが詰まることで、スロータスを詰まらせ、そこを流れる様々な物質の流れを阻害します。物質の流れが阻害されると、その物質を必要としている体の部位に体の正常な機能が損なわれます。

例 尿路結石、寄生虫

腫脹の成長

発生した腫瘍がスロータスをふさぎ、物質の流れを阻害します。行き場を失った物質は近くの場所や臓器にあふれ出し、隣接したスロータスでもスロートドュスティが起きます。

例 腫瘍、悪性腫瘍

自然な道からはずれる、逆流

液体や固形物の逆流は多くの病気に見られます。

例 黄疸、腹水、嘔吐、胃酸過多

スロータスが病気を引き起こすケース

悪化したドーシャが全身をめぐり、弱っている特定のスロータスをみつけてたどり着く。悪化したドーシャが結びつくことで病気になる。

スロータスの浄化 スロトヴィショーダナ

パンチャカルマ

断食

特定のハーブ