アーユルヴェーダの資格制度

本場ではどうなってるの?

まずアーユルヴェーダは本場インドではどのように認知されているかというと、日本でいうところの漢方医に近いといえると思います。

インドでも医療としては西洋医学が主流ですが、慢性疾患の治療や元気なあかちゃんを生むための出産前体質改善、手術後の療養としてなどにアーユルヴェーダを活用する人も多いようです。インドでは医療としてアーユルヴェーダは認められています。

近年アーユルヴェーダがWHO(世界保健機構)に予防医学として登録され、国際的にも注目されてきたことをうけ、大学でアーユルヴェーダの医学科を開講しているところも多いです。この場合、西洋医学の医師と同様、学部で4年間勉強した後、専門分野を選び、2-3 年研修医を経て国家試験をうけるようです。無事国家試験に合格した後、国にアーユルヴェーダ医師として登録し、病院などで勤務するという流れです。

また、アーユルヴェーダは伝統医学ということもあり、代々アーユルヴェーダの家系でその技を伝承している町医者もいます。

日本人でもアーユルヴェーダ医師免許にチャレンジし、取得されている方もいます。しかし、日本では日本での医師免許をもつもの以外医療行為はみとめられていません。

アーユルヴェーダリゾートでは

インドではホテル内で本格的なアーユルヴェーダが受けられることを売りにしているリゾートが多くあります。この場合働いている人は、上記アーユルヴェーダ医師免許をもっているものもいれば、トリートメントを専門に行うセラピストもいます。このセラピストを教える 1-3年コースの教育もポピュラーになっています。

日本でアーユルヴェーダを学べるスクールでも、このトリートメントを教えるところが最も多いです。

日本で有効なアーユルヴェーダ資格とは

今のところありません。
というのも、国家資格に匹敵する資格はまだありません。このため、各スクールがスクールの修了証、スクールの認定証として発行しているのが現状です。

大学での医師や看護の教育の中では、アーユルヴェーダをはじめてとする補完代替医療を教えるところも増えてきているので、今後有効な認定資格が出てくるの可能性は大いにありますし、そのような流れがあることも耳にしますが、まだまだ道のりはながそうです。

☆スクール選びのポイント☆

アーユルヴェーダを学びたい目的をあげてみましょう!!
その目的がおめあてのスクールで達成できそうかどうかは、実際に卒業生に話を聞いてみるのが一番だと思います。アーユルヴェーダは間口も奥行きも深いので、日本でのスクールもスクールの理念や方向性によって、バラエティーに富んでいます。

☆個人的なアドバイス☆

もしアーユルヴェーダを本格的に仕事に活かしたいと思われている方は、いかに自分を大切にし、世のため人のためになれるか、そして自然にもやさしく(エコ)なれるかがアーユルヴェーダの真髄に近づけるポイントかなと思います。ビジネス先にありきだとライフワークとしては難しいかもしれません。←経験から言ってます(^^;

☆スクール一例☆

●月1回アーユルヴェーダを体感しながら学ぶ!
ジャパン・アーユルヴェーダ・グールクラ
インドで人気のTV番組をもち、アーユルヴェーダ医師としての貢献がみとめられ数々の国内外の数々の賞を受賞。最もホットなアーユルヴェーダ医師の教育がうけられる学校。
http://www.jivajapan.jp/

●オンライン動画で学ぶ
上記ジヴァ・アーユルヴェーダ・グールクラは動画でも正規クラスを受講することが可能です。卒業条件を満たせばスクーリングと同じ修了証が発行されます。
http://jivaayurveda-college.jp/

●通信講座で学ぶ
すぐに実践できるオイルや温熱ベルトがついてくる
ホリスティックデトックス協会
http://holistic.gr.jp/

●その他スクール
こちらのページに有名どころを紹介しています。
https://ayurveda.jp/category/schoolsearch

他にも良いスクールの情報をお持ちの方はサイト右上のお問合せよりご連絡ください。