お産という大仕事を終えたママの体はヴァータが過剰になっていま す。このヴァータによって奪われた体力を取り戻し、溜まった毒素を外にだすことが大切です。

周囲の協力を仰いでママはできるだけ赤ちゃん の世話を中心にします。
赤ちゃんの寝るサイクルにあわせてママも体をやすめましょう。1ヶ月健診まではお風呂はシャワーだけにし、1ヵ月健診で異 常がないことがわかれば、徐々に通常の生活に戻しまします。
×体を冷やさない、冷たい風にあたらない
歯磨きする時用にも温かめ の水を使いましょう。
×乾燥させない
○出血が落ち着いたら、オイルマッサージや温湿布をして体を滋養します。
○水分・質のいい油 分をしっかりとります。
○陰部の洗浄にはニームウォーターを使用します。
○食事は温かく、消化によく、栄養があるものをとります。
○Doshamoola の煎じ液(子宮にたまったヴァータをクレンジングし、回復させる)をとります。

☆オイルマッサージ☆

オイル マッサージには加熱処理したごま油を湯煎して使用します。
オイルマッサージを行うことで、体力を回復するとともに、たるんだお腹周りのお肉をシェ イプします。

また、腰痛や頭痛の緩和にも効果的です。特にお腹、背中を中心に行います。

会陰部にはピチュを行い、脱肛があればその部分にもピチュを行いま す。
傷の痛みがあるときは、大き目のオーガニックコットンにターメリックオイルをヒタヒタにしたものをあてておきます。

マッサー ジ後は白湯をすすりさらしを巻いたり、腹帯をして体を温かくたもちます。