sn133_lネギ(葱、Welsh onion)
学名 Allium fistulosum)
原産地を中国西部・中央アジアとする植物。
ヒガンバナ科ネギ亜科ネギ属

有効成分:硫化アリル(辛味成分)は体内でビタミンビタミンCビタミンB1がうまく利用されるように働く。ビタミンB2,ビタミンC、体を温める。生だと神経を刺激し、胃腸の消化を助け、生臭いものの臭いを消す。発汗作用。強壮作用

風邪

白根1本すりつぶし汁を杯1杯飲む
白根1本分を細かく刻んで生みそと生姜を少し加えて湯呑に入れて熱湯を売れて温かいうちに中身毎飲む

胃痙攣

生ねぎに味噌をつけて食べる。量は体調に応じて適量に。

膀胱炎

ネギの白根の部分を適当な大きさに切ってフライパンで炒り熱いうちに布に包んで下腹部にあてて温罨法すると利尿効果がある。

神経痛

ネギの白根の部分をブツ切りにして、鍋に酢を入れ熱してからネギを加えて煮立たせその熱い汁にタオルを浸して固く絞り患部を蒸すようにして温湿布をする。

【釈迦が残した健康法より】

アーユルヴェーダは仏教とともに日本に伝来し仏教医学の中で日本の気候風土に合わせたものが伝承されてきたと言われています。
『釈迦が残した健康法』という本の中で紹介されている日本でも手にはいる植物を使った健康法を紹介しています。


※実際に試される場合には自己責任でお願いします。※
※紹介するはあくまでホームレメディであり、病気がある方は病院を受診してください。※