原因

□ピッタ肌
□夏場、暑い環境
□お肉、魚、アルコール、辛味の取りすぎ
□ヨーグルト、酢など酸味のとりすぎ
□ 牛乳とフルーツなどたべあわせの間違え
□ 寝不足、イライラ

ピッタの熱い・鋭い・油っぽい性質が増加

ピッタの全ての性質が皮膚にあらわれる
皮膚の毛穴に蓄積し始める

毛穴が炎症を起こす
外にあらわれる
赤みをおびたできものができる

アドバイス

食事

□アルコール、コーヒー、紅茶、添加物のおおい食事、肉、魚はさける。
□ 辛味すぎる、すっぱいものをさける、ヨーグルトを控える
□ 牛乳はあたためて単体でのむ(食事とともにとらない)
□水分1日2L以上
□甘味のあるフルーツ、新鮮な野菜を食べる

生活

□日中熱い時間帯(10-14時)に外にでない、運動しない
□ 競争心を駆り立てられる仕事、運動はさける
□夜遅くまでおきていない

ホームレメディ

□アロエの果肉を朝晩 大匙1杯食べる
□ベッサンにターメリック一つまみいれたものを水で溶かし、気になる部分にぬり、乾いたら水で洗い流す。
□ヨガ:猫のポーズ、シャバアーサナ

背中・胸・Tゾーンのニキビに・・・

ベッサン(ヒヨコマメのパウダー)にターメリックをひとつまみいれたものを水でケチャップのやわらかさにといたものを患部につける。
半乾きになったら、水であらいながす。