こんにちは。 気温も下がってきて、寒い日も出てきましたね。 寒暖差から体調を崩す方も増えてきているようです。 最近のお天気はこれから冬が始まる気配を感じます。

秋の終わりごろや冬にかけては、 甘味・辛味・塩味をとるとよいです。 また、油分を適度に含み、温かい、しっとりしたもの、例えばスープや鍋などがおすすめです。

食材としては、旬のレンコン、にんじん、かぶ、などの根菜類がどっしりとして消化も重すぎず良いです。

では、これからの季節におすすめのレシピを紹介します。 根菜をたっぷり入れ、スパイスで辛味もとれるレシピです。

【根菜たっぷりカレースープのレシピ】

<材料>

植物油        大さじ2

クミンシード     小さじ2

ホールチリ      2本

にんにく       ひとかけ 

(みじん切り) しょうが       ひとかけ 

(みじん切り) 玉ねぎ        1/2本  

(1㎝角切り) トマト        1/2個  

(ざく切り) コリアンダーパウダー 小さじ2

ターメリック     小さじ1

塩          小さじ1~2

にんじん       小1本  

(一口大にカット) れんこん       1節   

(一口大にカット) かぶ         小2玉  

(一口大にカット) 水          500㏄

昆布だし       1枚(10g)

ほうれん草      1/2束  

(ゆでて4cm長さに切る)

ガラムマサラ     小さじ2~3

<作り方>

1、にんにく、しょうがはみじん切り、玉ねぎは1cm角、トマトはざく切り、にんじん、れんこん、かぶは一口大にカットする。ほうれん草はゆでて4㎝長さにカットする。

2、鍋に植物油、クミンシード、ホールチリを入れ火にかけて

3、クミンシードから泡が出てよい香りがしたら、にんにく、しょうがを入れ炒める。

4、にんにく、しょうがからよい香りがしたら玉ねぎを入れて炒める。

5、玉ねぎがしんなりしたらトマトを加え、温まったらコリアンダーパウダー、ターメリック、塩を小さじ1加え、スパイスがなじんで火が通ったら、にんじん、れんこん、かぶを入れて軽く炒め、水と昆布を加えて弱中火で野菜に火が通るまで煮る。

6、仕上げにほうれん草を加えて温まったら、ガラムマサラを加え、塩味を調整する。

ぜひ作ってみてくださいね!

記事:&スパイス 田口美緒

https://www.facebook.com/andspice.taguchimio/

https://www.instagram.com/and_spice/

ホリスティックヘルス通信を購読する

下記ページよりご登録ください

https://kamiogi.vinaya-ayurveda.com/news/newsletter/