アーユルヴェーダは からだ こころ エネルギー(魂) が結びついたものが 命 だと考えています。

そして からだ には生まれながらの体質があり

その体質毎にあった食事、ライフスタイル、気を付けた方がいい病気、心の傾向、があると考えています。

遺伝子診断が流行っていますが、まさに5000年前からそのことを提唱している医学といっても過言ではないと思います。

アーユルヴェーダを学ぶことで、血液サンプルをラボにおくらなくても 体質的に自分の気をつけるべき病気の傾向や病気を未然に防ぐための栄養・ライフスタイルを知ることができます。

有効性はどうであれ、血液型と性格について日本人の誰もが知っていて、誰とでも血液型の話で盛り上がれるように

誰もがアーユルヴェーダの体質チェックをしたことがあり、自分の体質を知る世の中になったとしたら・・・

自分の体質や体調に合わせた食生活をおくることで、健康になり 病気をよせつけなくなるでしょう。

もし、不調がおきても自らが主治医となって身体の声をきき適切に対処できるでしょう。

具合が悪い時、原因がわからず不安になることがなくなるでしょう。

こころ と 食べ物が関係していることを知っているので 食事からもこころの健康維持ができるようになるでしょう。
こころがリラックスして ハッピーな人が増えるでしょう

リラックスしたこころの人々は

お互いの違いを受け入れ、相手に伝わるコミュニケーションの仕方も心がけることができるでしょう。

自分の価値観と合わないからと言って傷ついたり傷つけたりすることがなくなるでしょう。

能力に応じた適材適所でビジネスはよりクリエイティブに発展的になっていくことでしょう。

レストランで食事をする際、体質毎に消化力やとった方がいい栄養が違うので

当たり前のようにシェフと食材や調理法の相談ができるようになるでしょう。

病院は本来の役割である難しい病気や手術に専念し、

ほとんどの体調不良は各自が自分の症状の原因をみつけ、原因となる食生活を見直し

台所薬局でスパイスやハーブを調合して対処できるようになるでしょう。

無駄な医療費は削減され、多くの人が心身ともに健康で

お金は本来使うべきところ、未来の子ども達への投資という最大の保険へまわすことができるでしょう。

わたしはこんな世の中になったらいいなぁと思うから

アーユルヴェーダを広く伝えていきたいと思っているのです。

http://ameblo.jp/yukikohagishima/entry-12049576537.html