アーユルヴェーダの花粉症・鼻炎・アレルギー対策
浄化療法ナスヤ

原因

□ カファ体質
□ 春
□ 運動不足
□ 消化力が弱い(お腹がすかない、胃もたれするなど)
□ お通じがスムーズでない(腸の動きが緩慢)
□ 消化におもい食事(揚げ物、ごはん、お菓子類)
□ 夜遅い食事

カファの性質である重い↑遅い↑
これによりカファの座の1つお腹・胸部にカファがあつまってくる


□ お腹の消化の火が弱まる
□ 消化しきれない過剰な粘液が咳、痰、鼻水、目のかゆみ、むくみとしてあふれ出す

アドバイス

食事

□ お腹がすいてから食べる。
□ 次の食事までにすっきりお腹がすく量食べる・
□ しょうが、こしょうなど体をあたためるスパイスを活用する
□ 冷たいのみもの、食べ物
□ ヨーグルトはさける
□ 夕食ははやめに。夜9時以降は食べない

ライフスタイル

□ 汗ばむ程度の運動を日々行う(通勤時、階段を使う、一駅前でおりて歩くなど)
□ 昼寝をしない
□ ジヴァナンダプログラム

ホームレメディ

□ トリカトゥ(ジンジャー、ブラックペッパー、ロングペッパーのパウダーを同量まぜたもの)を生ハチミツと混ぜて小さじ1杯朝晩 食事前に内服する。
□ 岩盤浴
□ ウドゥワルタナ、ガルシャナ、アビヤンガマッサージ
□ 日々ジバナンダプログラムを実践する

□※カパラバティ呼吸法

※カパラ(頭蓋骨)に輝きをもたらす呼吸法。鼻呼吸をすばやく行うことで、心身がすっきりし、活性化させる働きがあります。
床に結跏趺坐・正座で座り、手をお腹に当てます。
息を十分に吐ききった後に下腹に力をこめ、横隔膜を持ち上げるようなイメージで鼻から一気に息を吐ききります。
吸う時はお腹を一気に膨らませエネルギーを集めようにします。
この繰り返しを1分間に30回ずつ繰り返します。