日本から直行便でデリーへ行くと大体10時間くらいのフライトです。空港では、施設専属のタクシーが待っててくれます。
デリー空港から約1時間ほど。
さすがBRICsインドの中心だけあって道路も舗装されているところがおおく、あっという間に施設に。
ジヴァ・インスティテュートは、小学校、アーユルヴェーダクリニック、ヴェーダ研究施設などを併設 しており、教育、医療、スピリチュアルの面から健康をインド国内はもとより世界へ発信しています。
滞在施設はクリニックの上の階になっています。2人部屋、1人部屋があります。建築技術的な ことを言えば、インドっぽい(^^;ですが、清潔にされていて、快適です。各部屋バス、トイレ、洗面台つきです。
お部屋をでると、共有スペースがあります。色々な国から滞在者が来ているので滞在中に交流できるの も楽しいところ。また、パルタップ先生は、テレビに出演しているので、その番組をみることもできます。ヒンドゥー語なので、何を言っているかはわかりませ んが(^^;
初日は診察からはじまります。脈診、問診、視診などなど。身体的な面だけでなく、必要と判断 されたら心の面についても診察があります。この脈新の結果と滞在日数に応じて、食事、生活、トリートメントなどのメニューが組まれます。滞在中は不安なことがあればいつでもドクターに相談できる体制になっています。
病気の治療の場合はずっと施設にいることになりますが、健康増進目的で行った場合、観光もし たい旨を申し出ればタクシーを手配してもらえます。もちろん別料金ですが日本と違って1日借りたらいくらというような清算なので、とても安いです。デリー市内には1時間ほどででられるので、ショッピングモールから、いかにもインドという感じの 露店まで楽しめます。
希望すればヨガも行うことができます。
もちろん、患者に合わせたプログラムなので、左のようなポーズをとらなければいけないということはありません。先生がサービス精神旺盛だったので、いろん なアクロバティックなポーズをみせてくれました。
▼食費・宿泊費・治療費・空港からの送り迎えは全部滞在パッケージ代に含 まれています。
薬草オイルをふんだんに使ったトリートメント
v
食事はとてもおいしいです。肉・魚など動物性のものは一切なく、穀類、野菜、果物を中心としたベジ タリアンですが、物足りない感じはありませんでした。
また、毎日カレーも飽きるかな・・・と思いつつ、一緒に行った2人も食事は大満足のようでした。

インドにいってアーユルヴェーダを体験するとつくづく思うのですが、パソコンや携帯電話なども使わず仕事から 完全に切り離されるせいか、本当にゆったりとすることができます。過去に数度インドへ行きましたが、帰国する旅に周りの人から、別人のようだといわれま す。

確かに心と体がデトックスされるせいか、見た目も随分変わります。

パルタップ先生やジヴァインスティテュートが目指しているものがそこにあふれているからだとも思いますが、イ ンドで体験してみたいと思われる方には是非おススメです。

また、パルタップ先生は毎年ゴールデンウィークに日本に来日されており、山中湖でアーユルヴェーダ合宿も行っ ているので、まずはそちらで体験されてみるのもいいと思います。