Vacha

味:辛味、苦味、渋味 効力:温性 消化後の味:辛味

ショウブとはサンスクリット語で「話す」という意味で、言葉や知性、自己表現の力を高めます。
ショウブは現在米国FDAが規制しており毒性があるために内服用としては勧められていません。
しかし、アーユルヴェーダでは長年、古代のヴェーダの賢者がすすめた最も有名なハーブのひとつでした。
脳や神経系を浄化、再活性化する若返りの作用があります。
特にヴァータ、次にカパに対して若返り作用があります。
毒素や閉塞した経路を浄化し大脳の循環を促進し、感受性や記憶力、気づきの力を高めます。
サットヴァを高めるので精神にたいして最良のハーブです。

外用薬としてはペーストにして、頭痛には額に、関節炎には痛むところに塗ります。
ナスヤに最も適したハーブです。ショックや昏睡状態に効果的な気付け薬です。

ドーシャへの影響
ヴァータ、カファを鎮静。ピッタを増やす。