症状

ヴァータ性の高血圧
・血圧が不安定
・不整脈
・不安
・不眠
・自律神経のバランスを崩す
・疲れやすい
・頭痛
・胸が痛い
・耳鳴り

カファ性の高血圧
・血圧が随時高い
・むくみ
・肥満
・疲れやすい
・高コレステロール

ピッタ性の高血圧
・目の充血
・肝機能低下
・激しい頭痛
・光に敏感
・怒り、イライラ
・赤ら顔

原因

□ ヴァータ体質

□ 50代以上である

□ 不規則な生活

□ 不安

□動きすぎ、働きすぎ

ヴァータとラクタダートゥが過剰になり乱れる

高血圧

カファが増えジャタラアグニが低下し、アーマがたまり、循環が阻害されてヴァータの乱れにつながり、高血圧になることもあります。

イライラ、怒りからピッタが乱れ、ヴァータのバランスを崩し、高血圧になることもあります。

アドバイス

ヴァータを鎮める。
心臓のアーマをとる。
血液の浄化をする。

食事

□ アルコール、コーヒー、紅茶(カフェインのもの)タバコをさける

□ 食事の時間を固定する(3食食べる)

□ 新鮮な野菜、穀類を中心とした食事

□ つくりたての食事を心をこめてたべる温かくて汁気のある食事

□ 白湯(ジンジャーティ)を飲む

生活

□ 昼寝をしない

□ 朝日を浴びる

□ 日中体を動かす

□ 呼吸法(プラーナヤーマ、ウッジャイ呼吸法、ミツバチの呼吸法)・腹式呼吸

□アーサナ(コブラのポーズ、肩立ちのポーズ)

□瞑想

□よく笑う、心を楽しくすること

□ 夕食ははやめに軽く

□ 入浴は夕食前にすます

□ 夜10時より前に眠くなったら寝る

□ 布団に入ったら大の字で深呼吸する

□ ジヴァナンダプログラム

ホームレメディ

□夜寝る30分前にホットミルク(+シナモン)を飲む

□トゥルシーの葉4枚とニームの葉2枚を小さじ4杯の水ですりつぶします。
朝空腹時にコップ1杯の水ととります。

□頭・背中・お腹のオイルマッサージ5-10分おいて蒸しタオルで温める

ハーブ

□ニーム・・・血液浄化

□プナルナヴァ(punarnava)スロータスの浄化

□アルジュナ・・・心臓を強くする

□アルジュナギー、アルジュナ+雲母、アルジュナワインなど

□ブラミー

□サルパガンダ(sarpagandha)・・・徐脈になることがあるので医師の指示にしたがうこと。