mch2-20

For the soul there is neither birth nor death. The soul is that will never cease to be. It is unborn, eternal, ever-existing, undying and primeval.  It is not slain when the body is slain.

ソウルは決して生まれず死ぬこともない。生じたこともなく、存在しなくなることもない。不生、常住、永遠であり、太古より存する。身体が殺されても、殺されることはない。

日本語訳はサンスクリット語の原典を日本語訳にした下記の本を参考にしているため、英文とかなり異なる場合があります。ご了承ください。