mch2-14

The temporary appearance of happiness and distress, and their disappearance over time, are like the coming and going of winter and summer seasons. They arise from sense perception and one must learn to tolerate them without being disturbed.

物質との接触は、寒さ暑さ、苦楽をもたらし、来ては去り無常である。それに耐えなさい。

日本語訳はサンスクリット語の原典を日本語訳にした下記の本を参考にしているため、英文とかなり異なる場合があります。ご了承ください。