biwa
ビワ(枇杷)
学名: Eriobotrya japonica)
バラ科の常緑高木。原産は中国南西部。

有効成分:ブドウ糖、ショ糖、果糖、マルトース、でんぷん、酒石酸、クエン酸、リンゴ酸、タンニンなどが有効成分

慢性胃腸病

ビワの生ッ葉を1日量として10gを500-600㏄の水で半量になるまで煎じ1日3回に分けて飲む。

【釈迦が残した健康法より】

アーユルヴェーダは仏教とともに日本に伝来し仏教医学の中で日本の気候風土に合わせたものが伝承されてきたと言われています。
『釈迦が残した健康法』という本の中で紹介されている日本でも手にはいる植物を使った健康法を紹介しています。


※実際に試される場合には自己責任でお願いします。※
※紹介するはあくまでホームレメディであり、病気がある方は病院を受診してください。※