現在アーユルヴェーダは色々な分野で必要とされています。それもそのはず、アーユルヴェーダは赤ちゃんからお年寄りまですべての年代に対応できる予防医学だからです。

このため、アーユルヴェーダを学んだ人々が自分の専門エリアでいかし始めています。

☆アーユルヴェーダを仕事にしている人々☆

・クリニックでの導入例
→アーユルヴェーダアンチエイジング外来

眼科での導入例
→ネトラ・タルパナを瞳エステとして提供

・助産院での導入例
→アーユルヴェーダの育児学を妊婦教育に活用
→ベビーマッサージ

・治療院での導入例
→カイロプラクティック、整骨院、鍼灸院

・アーユルヴェーディック料理教室

・スパ、エステでの導入例
→おなじみのボディトリートメント(アビヤンガ、シロダーラなど)

・個人でアーユルヴェーダサロンを開業する

・スクール運営
→アーユルヴェーダの健康増進法をカルチャーセミナーで教える

・執筆活動
→学んだ知識を日本人向けにわかりやすく本を書く

ヨガ教室とコラボする
→ヨガインストラクターの方々も多くアーユルヴェーダを勉強され、教室でセミナーを開いています。

企業の健康相談室で活用
→企業に勤務する看護師、保健師、薬剤師が健康相談室でカウンセリングに活用。

などなど上記は1例ですが、今後も活躍の場は広がっていくと思われます。

そして、アーユルヴェーダをスクールなどで学び就職したいと思う方も増えています。
しかし、就職を希望している人にとってはまだ職業としてのアーユルヴェーダは確立されていないのが現状です。今後アーユルヴェーダが様々なエリアで実践され続けていくことで、受け皿も広がっていくと思われます。

☆アーユルヴェーダを仕事にしたい方へのアドバイス☆

自分自身、家族、友達から学んだ知識をどんどん実践し、アーユルヴェーダを自分ならどう仕事にいかすか考えながら勉強すると成功への道が開けてくるようです。