akamatsuアカマツ(赤松)
学名:Pinus densiflora)
マツ科マツ属の常緑針葉樹

有効成分:
多量の葉緑素、ビタミンA,C,タンパク質、糖分、テレピン揮発成分、鉄分、リン、Caカルシウムを含む。細胞の1つ1つと内臓を若返らせる。心臓の働きが強化され、血行がよくなる。

肩こり、加齢による視力聴力低下予防

赤松の葉を一握りとり、1日量として600㏄の水で半量になるまで煎じたものをお茶代わりにのむ

松葉の精油が入ったこちらのオイルは肩こり、関節の辛い箇所におすすめ!

胃カタル(急性胃炎)

赤松の生っ葉を良く水洗いして汚れを落とし、20-30本くらいを強く噛んでその青汁と唾液を一緒に飲みカスは吐き捨てる。または一握りの松葉(薬10g)を300㏄の水で半量になるまで煎じ食前に飲む。

【釈迦が残した健康法より】

アーユルヴェーダは仏教とともに日本に伝来し仏教医学の中で日本の気候風土に合わせたものが伝承されてきたと言われています。
『釈迦が残した健康法』という本の中で紹介されている日本でも手にはいる植物を使った健康法を紹介しています。


※実際に試される場合には自己責任でお願いします。※
※紹介するはあくまでホームレメディであり、病気がある方は病院を受診してください。※